GWORKSだよりー手づくり家具の店ー”特注家具もお気軽にご相談ください”

gworkswood.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

作業場から

a0064506_23422963.jpg

干したての干し柿。
なんてうまそうな色。
なんてうまそうな形。
a0064506_2344027.jpg

空の青によく映える。
朝の風は冷たく、冬の近いことを告げる。
そこで一句。

軒先の 鈴が干し柿に 変わりけり
のきさきの すずがほしがきに かわりけり





・・・さて、
過日、御坊の道成寺に初めてお参りしました。
安珍・清姫の物語で有名な、
つりがね饅頭でしか知らない道成寺。
訪ねてみれば、創立は大宝元年(701年)、
県最古の歴史を持つ寺であるとのこと。
運良く本堂を開放していて、本尊の千手観音を仰ぐ。
それは見事な仏像です。
この短い投稿では、仏像のことに触れるのは、何だか気がはばかられるし、
二語三語で言えるものでもないので、木工のこと。
a0064506_0123766.jpg

a0064506_013234.jpg

本堂内は写真撮影自由ということだったので撮らせてもらってきました。
これは、本尊の後ろ側にあたる渡り廊下に置いてあった台。
そのディテール。
仏具や、厨子、仏壇などによく施されるこうした模様は、
一体なにを表しているのだろうか。
下の文様は擬宝珠(ギボシ)のようにも見える。
上の文様は雲形と言われるものでしょう。
遥かな尊いものを連想させるための装飾だろうか。
いずれにしても細かな装飾まで、昔のことです、
全て手加工で細工したのでしょう。
一枚の戸を細工するだけでたっぷり一日はかかりそう。
その装飾が正面だけでなく側面にも施してある。
時間をかけて作るということは
長い時間、使うことを想定しているということだと思う。
直接に、この仕事に抱く好意はそれ程ありませんが
こういう仕事をできる精神には
やはり尊敬の念が湧く。
急がずに、一歩一歩きっちり進む。
その繰り返し以外に、こういう仕事には進み方がない。


[PR]
by g-workswood | 2008-11-29 00:47 | 木工/作業場から

作業場から

a0064506_8234357.jpg
a0064506_8242030.jpg

おー、寒い。
今朝はこの秋?この冬?一番の冷え込みです。
朝に渡る橋の温度計は氷点下1℃。
初霜が降りました。
 
明日・明後日の二日は、全村あげての翔龍祭。
イベントや出店などたくさんの催しが企画されています。
夕方にお越しになる方は、暖かい服装がいいかもしれません。
ワイワイやっていると思います。
お気軽に覗いてみてください。


[PR]
by g-workswood | 2008-11-21 08:36 | 木工/作業場から

作業場から 番外編

ハゼの枝先が鮮やかに染まり、暦のページはゆっくり秋から冬へ。
a0064506_0222721.jpg

久しぶりに歳時記カレンダーの日付を追うと今日、11月7日は立冬です。
72候は山茶始開。サンチャハジメテヒラク。
椿(サザンカの説もあり)の花が咲き始める頃。とあり。
なぜこの万物が再生に向けての収束に向かおうとするときに
椿君は花を咲かすのか。
いのちの知恵なのか、天のはからいなのか、
今年の初日の出を見に串本の大島に出掛けたときも、
椿の花が印象的でした。

明日からは、グッと気温が下がるそうです。
皆さん、風邪をひかぬようお気をつけあれ。

大島
[PR]
by g-workswood | 2008-11-08 01:07

作業場から

秋の宮祭りが終わり、ほっと一息。
気づけば植林山のそこここに残ったハゼやウルシや山桜の葉が黄や赤に移ろい、
冬の足音が聞こえそうな日々です。
先週は祭り準備の合間を縫って大阪に納品にでかけました。
a0064506_2362712.jpg

a0064506_2345819.jpg

栃のチェスト。大きい下二段の引き出しはスライドレールをつけています。
心材を柾目でつかい、オイルを吸って栃らしい木目の揺れが現れてきました。
白木(塗装していない状態)のときはこの“揺らぎ”はそれほど目立たないものですが、
こと栃においては、オイルや漆を吸うとガラリと表情が変わります。
上に載っているガラスは、納品先のT様の所蔵品。
眺めるのではなく、使って愛したいということで、
これらガラスを仕舞うためのシースルー食器棚も注文してくださいました。
a0064506_2361112.jpg

こちらも栃。幅80センチ位の大きな板から
木目の通った部分を、イイトコ取りで惜しまず木取りしました。
木でものを作ろうとするとき、
特に、細い、または薄い部材を組み合わせていく指物の場合、
材料をしっかり乾燥させることが仕事の第一歩です。
乾ききっていない材料をつかうと、そのときは良くても後々、
木が反ってきてロクなことになりません。
(エ~反省すべき記憶が多々ございます。)
なので、大きな板から部材をいくつも取ったりするときは
使う材料の寸法よりも大きめに荒木取りをし、
二次乾燥で木のクセを出させてから、改めて本加工にはいります。
納期が短くてこの二次乾燥の時間を十分にとれない仕事には
作る方としてはいささか悲しさがともないます。
今回は納期に余裕があったので急がず、
木の様子を見ながら仕事することができました。
ありがとうございました。

大島
[PR]
by g-workswood | 2008-11-08 00:15 | 木工/作業場から