GWORKSだよりー手づくり家具の店ー”特注家具もお気軽にご相談ください”

gworkswood.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

広畑木工製作の木工展

 家具作家の広畑陽一さんが、
”ギャラリー寿苑”さんにて木工展をします。

a0064506_14183756.jpg


日時:2009年12月10日(木)〜13日(日)の4日間 AM10:00~PM5:00
   初日10日(木)は、PM12:00から、最終日13日(日)は、PM4:00まで

ところ: ギャラリー寿苑  田辺市湊710番地
     FAX0739-25-4323 TEL0739-22-0477

家具工房 広畑木工製作 FAX0739-45-3235 メールhirohata@bj.wakwak.com
[PR]
by g-workswood | 2009-11-28 14:27 | イベント/展示会

作業場から

a0064506_025550.jpg

先月、食器棚の納品にお伺いしたH様からのご注文でチェストを制作しています。w1400×H900なので、大きめのチェストです。天板がヤマザクラ、そのほかは龍神産のとびきりの杉の柾目でおつくりしています。

a0064506_0251519.jpg

部材数の多くなる箱モノ家具では組立(接着剤による固め)がヤマ場。一度に全体を組み上げようとすると、途中で接着剤が乾いてきたり、あちこちに隙間があいたり、直角を出しにくかったりと不都合が出てくるので段階的に作業を進めることが多いです。一枚目の画像では横方向に部材を挟み、二枚目で縦方向の次なる部材を圧締しているわけです。部材同士を隙間なくくっつけるのに、写真に写っているような圧締器具をつかいます。日本語だと端金(はたがね)、英語だとクランプと呼びます。形状や大きさはいろいろあって、写真はポニークランプというメリケン端金、必要に応じて連結させて長くできるので大変便利。
フレームが組みあがると、家で言うと棟上まできたところです。つまり半分来たという感じ。これから引き出しや引き違い戸の工作を進めて参ります。



a0064506_0533412.jpg
この日、親方・泉さんは家の片づけ中。使わなくなったステンのシンクに、くすのきの脚をプレゼント。おぉ~なんか立派に復活したやん~。屋外用の流しにするそうです。うちにも1台欲しいっす・・・。

大島
[PR]
by g-workswood | 2009-11-28 00:59 | 木工/作業場から

Vergers(ヴェルジュ)のクリスマスコンサート

季楽里龍神にて、2009年12月12日(土)
クリスマスコンサートがあります。
時間は、午後2時〜と、午後7時〜の2回。(演奏時間は1時間程度)

「Vergers(ヴェルジェ)」さんは、ソプラノ2人とピアノ1人の、女性グループです。
大阪芸大の演奏学科で学んだ彼女らは、少しでも身近にクラッシックを知ってもらいたいと、
精力的に活動しています。入場料は、無料です。

演奏プログラムはこちら↓

1、メンデルスゾーン:歌の翼に(二重唱) オープニング

2、ミュージカルの世界
  『サウンド・オブ・ミュージック』より
・ドレミの歌(二重唱)
『キャッツ』より
・メモリー(二重唱)

3、:渚のアデリーヌ(独奏)

4、日本の歌(二重唱)
  ・永六輔:見上げてごらん夜の星を
・佐原一哉:童神(わらびがみ)〜天上の子守唄〜
  ・マシコタツロウ:ハナミズキ

5、クラシックの世界
・ヴィヴァルディ:『GLORIA ニ長調 RV 589』より Laudamus te(二重唱)
・リスト:ラ・カンパネラ(独奏)
・プッチーニ:歌劇『トスカ』より 歌に生き、恋に生き(独唱)

6、ハンドベル:クリスマスメドレー

7、クリスマスソングメドレー
・アメイジング・グレイス〜荒野のはてに〜神の御子は〜ホワイトクリスマス

8、みんなで音楽を楽しみましょう!
イントロ曲当てクイズ →クイズの後みんなで歌う

9、きよしこの夜(二重唱) エンディング

a0064506_14355394.jpg


山の中でのクリスマスコンサート、
どうぞ、お近くのみなさまもご一緒に
季楽里龍神でゆったり、のんびりして頂いて、
すこし早いクリスマスを満喫して頂ければと思います。
[PR]
by g-workswood | 2009-11-26 15:53 | イベント/展示会

作業場から

a0064506_2249020.jpg

品切れになっていた定番のライティングデスクをショールームに出しました。材料の在庫やご要望などによりフレームを杉、甲板をサクラにしたり、オール杉でつくることもありますが、今回はすべてサクラ材でつくっています。木材業界でサクラというと、正真の山桜を指すこともありますが、慣例的にカバ(樺)系統の材を含めての総称ということになります。何故そういうことになったのか・・・。カバと言うよりサクラと言った方が売りやすいからです。両者とも材質は緻密で堅く、ともに散孔材と呼ばれる仲間で似ていなくもない。おそらくそもそもはサクラの代替材という意味合いでカバ材をサクラと呼んだのでしょうが、今ではカバ材をサクラといってもウソツキとは言えません。ところ変わって長野県の松本民芸家具さんではカバ材に拭き漆を施して良質な家具を提供されてきました。サクラの代替材というと虎の威を借る狐みたいで、カバも失礼なレッテルを貼られたものです。知名度が低いというだけで、なんら優劣の対象にされるいわれのないそれぞれの木の個性、それを大事にしたいものです。
話を戻して、このデスクはヤマザクラ。経年変化で色艶の増す美しい材です。程よい堅さと緻密な木肌が身の上。長くつかって頂けるようフレームはきっちりとホゾ組みしています。
幾度も手がけてきたこのデスクですが、工作で気を使うのが吊り桟の位置決め。引き出しを納めるのに甲板の下に箱をつくってしまうと脚を入れるのが窮屈になってしまうので、引き出しは側板に溝を突いて(木工用語では溝を作ることを“溝を突く”といいます)、フレームに固定した桟で吊った状態になっています(デザインは松本 泉氏)。この吊り桟の左右の平行がずれると引き出しが開閉の際にカタカタと渋ってしまう。一度ビスで固定してしまうと微調整が効かないので、あらかじめ仮止め用の長穴を開けて、位置を決め、それから本締めするようにしています。小さなことですが、引き出しはスー・・・ピタッと納めたい。そんなところも味わっていただけたら幸いです。


a0064506_2249125.jpg


ライティングデスク /ヤマザクラ仕様
H700× W1000× D600
ナチュラルオイル・ワックス仕上げ
¥105,000
[PR]
by g-workswood | 2009-11-25 00:14 | 木工/作業場から

ステンドグラス作品展

ガラス作家の仁木久美子さんが、出品されています。
クリスマスシーズンにふさわしく、力作が並びます。
御坊市民文化会館 展示室にて
2009年12月4日(金)〜12月6日(日) 10:00〜18:00
連絡先 高野0737-22-2553
a0064506_1139822.jpg

[PR]
by g-workswood | 2009-11-22 11:39 | イベント/展示会

〜クリスマスのあたたかい冬〜「やのともこ展」

京都にて、
毎年、好評の「やのともこ展」
今年は、どんなサンタさんに会えるのでしょう。楽しみです。
a0064506_1749794.jpg

会期: 2009年11/24(火)〜12/1(火)am10:00~pm8:00
※やのともこさん 会期中、全日在廊されています。
「クリスマスカード作り」のワークショップもあります。
講習費(材料費込み)¥1,575
会場: JR京都伊勢丹 10F趣味雑貨
        京都市下京区烏丸通塩小路下ル東小路町
[PR]
by g-workswood | 2009-11-20 17:59 | イベント/展示会

こうのさちこ さん の『絵本写真館』

山の本屋さん「イハラ・ハートショップ」にて
11月28日 午前10時〜午後3時
カメラマン こうのさちこさん(龍神村在住)が一日だけの 写真館を開きます。
a0064506_17363671.jpg

[PR]
by g-workswood | 2009-11-20 17:38 | イベント/展示会

作業場から

a0064506_23113581.jpg

いよいよ季節は秋から冬へ。作業場おもてのモミジも真っ赤に染まっています。一本の木でも梢の方から染まるんですね。本当は染まっているんじゃなくて、緑の色素が抜けているのだそうですが。今年は紅葉がきれいだったように思います。村内を縦貫する日高川沿いには自然木もそれなりに残っていて、楓や山桜が緑から赤へとため息の出るようなグラデーションの色彩美を見せていました。今まで秋の紅葉を見て「キレイだなあ!」とか思ったことはあまりなかったのですが、なぜか今年はグッと来ました。年齢でしょうか。

a0064506_2311464.jpg

モミジのアップ。そもそもモミジとカエデとどこか決定的に違うのかな。コハウチワカエデとイロハモミジとか似ているように思いますが。広辞苑で調べてみよう。紅葉・・・モミヂ。上代にはモミチと清音。①秋に、木の葉が赤や黄色に色づくこと。またその葉。②カエデの別称。③「もみじば」の略。④襲(かさね)の色目。⑤鹿の肉。笑・・・などなど。え~!以外。カエデとモミジには明確な区切りはないんですね。ここで疑い深く樹木図鑑を参照。・・・やはりカエデもモミジもカエデ科カエデ属のページに分け隔てなく並載されていて、イロハモミジの別名がイロハカエデとなっているくらいですから、おんなじなんですねえ~。能くモミヂするカエデをいっそモミジと呼んでしまったんですねえ。まさに名は体をあらわす。この場合は名は態をあらわす。か?

家具に使う木材でカエデというとほとんどの場合はイタヤカエデのことを指します。光沢のある白い木肌で、材質は緻密。もともと蓄材量の多い木ではないので、あまりお目にかかることはありませんが、清楚な印象の好ましい材です。ただしすごく重い。以前、泉さんが倉庫に眠っていたモミジ材を掘り起こして一脚限定でロッキングチェアのフレームにしていました。材質はやはりカエデに酷似していて清らかな白色がまぶしく、ところどころ縮みも出ていた。するとあれは何モミジだったのか・・・?秋と謎は深まるばかりです(なんじゃそりゃ)。

大島
[PR]
by g-workswood | 2009-11-20 00:04 | 木工/作業場から

栃と楠のアームチェアほぼ完成

栃と楠のアームチェアが、塗装前までできました。
以前、3県知事サミット用に作った椅子の改良版です。
流れるような曲線が美しく、座りごこちもゆったりした
感じです。
完成をおたのしみに。
a0064506_17531125.jpg
a0064506_17532950.jpg

[PR]
by g-workswood | 2009-11-13 17:53 | 新作/作品紹介

ローバックチェア 改良型

以前のローバックチェアを少し大きくし、座りごごちを改善しました。

腰から背中をすっぽり支えてくれる感じで、腰を気遣われている方に

最適です。
a0064506_1049442.jpg
a0064506_10492716.jpg

[PR]
by g-workswood | 2009-11-08 10:49 | 新作/作品紹介