GWORKSだよりー手づくり家具の店ー”特注家具もお気軽にご相談ください”

gworkswood.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

G.WORKSおすすめSHOP     山奥のおとうふ屋さん ”るあん”

a0064506_1491585.jpg

a0064506_1413614.jpg龍神で代々受け継がれてきたとうふ作りの技をそのままに、手間を惜しまず薪の炎で炊き上げ、大豆の声を聞きながら一つ一つ真心込めて作られている。

そんな地釜とうふ、なんとまろやかで、とってもおいしいです。¥300a0064506_14133211.jpg

a0064506_14334749.jpg厚揚げ¥200

オリーブオイル酢け¥350a0064506_14365089.jpg
a0064506_14395944.jpgとうふの燻製は、スモークチーズのよう、一口食べるとやめられない・・・

るあんカフェの営業は、4月末〜11月末の土日祝日の13:00〜17:00
まわりの景色も良く、気持ちいいです。ほんとに時間を忘れての〜んびりできます。

a0064506_14531072.jpgとうふのブラマンジェ、くろくろプリン
とうふケーキは、レアチーズケーキのようなコクと味わい。なのに、玉子・乳製品不使用です。a0064506_14552472.jpg
a0064506_15193949.jpg軽食にるあんサンドは、いかが?      中には、とうふの燻製トマッシュポテトソイネーズ和えが入っています。
a0064506_16283253.jpg

[PR]
by g-workswood | 2010-02-25 16:21 | おすすめSHOP

G.WORKSおすすめSHOP   "梅樹庵” の ー地鶏ランチー

今年から、梅樹庵では地鶏のランチをやっています。
金、土、日予約限定ですが、当日予約できる場合もあります。
値段は、2,000円とランチにしてはちょっとお高めですが、
デザート、コーヒーもついて充分満足できる内容です。

メニュー
もんぺとくわのパン、季節野菜のサラダ、地鶏のスープ、
メインは地鶏のグリルまたはクリーム煮
森のいちごのシャーベット、コーヒー

連絡先    梅樹庵   :  田辺市 龍神村 西 中垣内281−1  
  TEL 0739-78-2056 または 78-2456
a0064506_17485788.jpg
a0064506_17491667.jpg

[PR]
by g-workswood | 2010-02-22 17:49 | おすすめSHOP

作業場から

話が溯りますが、2月上旬に栃の製材をしました。
村内の土建屋さんが持っていた材で、10年ほど前(?)に林道整備をした際に伐採した木とのこと。
龍神産の栃の木です。
いま現在、村内の山林の何パーセントが原生林で、何パーセントが2次自然林で、何パーセントが植林かはわかりませんが、マァざっと見、80パーセントくらいが植林山に見えます。僕の目に入る山の姿というのは、主に国道から見える範囲ですから、植林された部分を多く見ていると思う。深い山奥は植林もまばらでしょうから。それから高野山との境をなす護摩山系や、十津川との境である果無山脈(はてなしさんみゃく)の方は原生林~自然林が多く残っているから、山林に占める植林の割合は50パーセントに満たないかもしれないし、もっともっと小さいかもしれない。見当がつきません。けれどマァざっと見、ほとんど植林山・・・というのが僕の率直な感想です。
おぉ~、目を閉じて原生林が鬱蒼と大地を覆う龍神という名もまだない頃の龍神を思うと、恐ろしいような気さえします。まだ名もなき龍神の森で、初めてのヨキ(斧)を木の幹に叩き込んだのはだれだったのか・・・?
龍神温泉の歴史は1300年、開湯は弘法大師とも役小角(えんのおづぬ)とも言われます。その頃はさぞかし深い森だったじゃろうて・・・。

現在龍神の原木市場に出てくる杉の木には樹齢80年~100年近いものもあるそうです。植林の歴史は古い方だと思いますが、列島の例にもれず、爆発的に植林が広まったのは戦後ではないでしょうか。栃谷という地名があるくらいなので、栃の木はもともと自生していたと思うのですが、今は極めて少ない。無いことは無いけど、沢筋などに点在する程度で、大木はなかなか見ることがありません。

前置きが長くなりましたが、そんなわけで龍神産の栃材は今となっては貴重品なのです。
なるべく地元の木を使いたいジーワークスとしては、こういう材料に出会えることはそれなりに意味深い。
と、松本さんも思っているはず。
丁寧に屋根をかけて保管してあった材を、2トンダンプで製材所に運び、2日間かけて製材しました。
原木は3寸~4寸の厚盤に挽いてあったので、厚み方向に2枚に割る挽きなおしが主な内容。

a0064506_22423730.jpg


製材所のMさんが、帯鋸のせりを目一杯あげて、丁寧に挽き割ってゆきます。


a0064506_22424815.jpg


芯よりの板で、一番幅が広いところは80センチ超。
ステライトの特殊鋼チップをつけた鋸刃が一発で切れ止んでしまったり、なかなか大変な製材でした。
金筋(かなすじ)といって、土中から吸い上げた石灰質や金属物質を一箇所に固める性質が栃の木にはあって、その部分が刃物を痛めるんですね。

こうして製材を終えた栃材は、2次乾燥を経てテーブルや椅子へと姿を変えてゆきます。
虫穴などがあって、上玉ばかりではありませんでしたが、大事に使ってゆきたいと思っています。

大島
[PR]
by g-workswood | 2010-02-19 23:46 | 木工/作業場から

マイステージ 2月は、チェンソーアーティスト城所ケイジさん

城所さんは、チェンソーアートの世界チャンピオンです。
国内はもちろん、アメリカ、ドイツで何度も優勝されて、
チェンソーアートでは「憧れの人」です。
忘れてなならない
そのアシスタントを務める奥さんの栄子さんもなくてはならない存在。
イベントでの栄子さんのトークは、プロ並です。
城所さんたちの活動について、詳しく知りたい方は、こちらへ
さてさて、マイステージのメインは、
やっぱりなんと言っても阿吽の仁王像!
a0064506_16565536.jpg

高さが約150㎝あります。
その間の奥に「木魂」が光り輝いています。
アップで、向かって左側 阿像
a0064506_1727758.jpg

向かって右側 吽像
a0064506_17272130.jpg

その奥に 木魂「こだま」
a0064506_17335564.jpg

この前に立つと、ふっと静かな気持ちになります。
どうぞ、ぜひ実物をご覧いただきたいです。
そして、今回ステージを二分して、もう半分には
チェンソーアートの作品を色々展示販売しております。
a0064506_1883361.jpg

a0064506_1885297.jpg

a0064506_18152230.jpg

フクロウちゃんもつぶらな瞳
でお待ち申し上げております。
[PR]
by g-workswood | 2010-02-07 18:18 | マイステージ